TOP MESSAGE

代表メッセージ

TOP MESSAGE

社員を幸福で満たせない企業が、

お客様を幸福で満たせるはずがない。

1軒のラーメン屋からスタートしたケンコー。そのルーツは少年時代にまでさかのぼります。けっして裕福とは言えない家庭に育った私が、お肉や好きなものをおなかいっぱい食べられるのはお正月など特別な日だけでした。そのとき感じたおいしいものを食べる幸せが、私の原点。「食」を通じて人を幸せにしたいという想いが私の根底にあります。

世界的に見ても、日本は人口に対して飲食店が多い国。さらに人口が減少していくなかで生き残っていくためには、家庭では再現できない味や空間、サービスを提供しなければいけません。そこに、私たちが自分たちを「飲食業ではなく外食産業」と呼ぶ理由があります。だからこそ、効率を追い求めることなく手間ひまをかけることにこだわっているのです。

当社では「いつまでに何店舗」という目標は掲げていません。「店舗」を増やしたいわけではなく「繁盛店」を増やしたいからです。時間をかけてお客様に支持される店づくりをしているからこそ、当社に赤字の店舗はほとんどないのです。

企業の発展に必要な「モノ」「カネ」「ヒト」。最大の課題は、人口減少が進む今「ヒト」をどう採用するかということ。私たちはまず「稼げる企業」であることが第一だと考えています。正当な報酬を得られて、上のポジションを目指せて、独立もできる。そのような環境を整備していくことで、人の集まる企業になると考えています。

私たちが仲間として迎えたいのは、目標や夢を持って努力できる人。「努力」には「力」という字が2つ入っています。つまり努力とは、人の倍以上頑張ることだと思うのです。努力する人が目標や夢を実現できるよう、会社としても、私個人としても全力でバックアップしていきます。

VISION

経営理念

私達は外食を通して
すべての人々に幸せと感動を与える

  1. 私達はお客様、社員、パートナー、業者、地域の皆様のために誠心誠意尽くします
  2. お客様に満足していただけるサービスとコンセプトの高い商品を創造します
  3. 個人の自主性を尊重し、逆境を恐れず、冒険、挑戦し続けます
  4. 現状に満足せず、常に日々改善、改革を心がけ成長と発展を目指します

ケンコーは経営理念に“一.私達はお客様、社員、パートナー、業者、地域の皆様のために誠心誠意尽くします”と掲げています。しかし、本来最初にくるのは“お客様”ではなく“社員”。社員なくしてお客様をもてなすことはできないからです。社員が幸せであれば、自然とお客様を幸せにすることもできるはず。そのうえで“お客様満足”を追求するには、日々の改善を重ねるしかありません。食材や内装、備品ひとつでも「自分がお客様なら」という視点でコストや手間を惜しまない。そうした改善を重ねて初めて“お客様満足”が達成されるのです。家族である社員の幸せ、そしてお客様の幸せの両方を叶える。経営理念は、そのために必要な指針なのです。

代表取締役 藤井 健

HISTORY OF THE PRESIDENT

弊社代表 藤井の経歴をご紹介します。